teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


あけまして...(遅

 投稿者:GUSTAVメール  投稿日:2004年 1月 6日(火)21時48分28秒
  >Kenさん

どうも、すっかり遅れてしまってすいません。
先ほど帰省先から帰ってきたもので。OFF会のメールも
さっき読みました(^^;。

帰省中の10日間携帯電話は持ってましたが、webにはまったくアクセスせず
晴耕雨読というか、寝てるか食ってるかというか、すっかりPCとは離れてました。
そんな中このサイトも6年経ってしまったわけで・・・(^^;。

エロゲについては、この前お会いした時はまだ少し新しいネタについていけましたが
今はもうすっかりダメですね。この年末に何が出たかも定かではないですし。
エロゲにはまってほぼ10年、最近はどうも三次元へ回帰(注:イリュージョンには
あらず(笑))しようかとも思うので、そろそろ潮時かもしれません。

まぁ何年後かにはまた二次元に戻ってくるかもしれませんが・・・(笑)
 
 

年始回りです

 投稿者:Kenメール  投稿日:2004年 1月 1日(木)01時30分19秒
  本年もどうぞよろしく。

大晦日と元旦とは、何とか休むことができました。

学生時代に「仕事が忙しい」というのは見苦しいなと思いつつ、
いざ社会人になると、呪文のようにそういっている自分に気が付き、
なおかつ、たかが数日程度の徹夜(もちろん昼もぶっ通し)くらいなら
ルーティンワークとなってしまうことに疑問を呈するべきか否かの
判断もよくわからなくなっております(^_^;

そういう状態なので、サイト更新は止めないようにするつもりながら、
果たしてどこまで満足にできるかどうか、ちょっと不安だったりします。
中途半端な不良債権(積みゲー)の処理を早急に進まないと、抜本的な
景気回復など望めそうにないので、断固として積みゲー消化にいそしむ所存
……ですが、果たしてどこまで実現できることやら。
情けないことですが、マニフェスト化せずに、努力目標に留めようかと
思っております(^_^;

http://xgamestation.cside.com/

 

すいません

 投稿者:GUSTAVメール  投稿日:2003年 7月29日(火)18時29分3秒
  Kenさん

いや、どうもすいません。最近は不義理ばかりでリンク先の方々には
全くもって申し訳ないです。そろそろHighway引き上げようかと考えている
ところでして。

実はまぁ自分も全くPlayしてないわけではなくて、ごくたまーに細々とは
やってます。ただ書く気がないだけで(^^;

どうもまた久々にお会いしたいですねぇ。OFFの日程などもし決まってたら
教えてください。たぶん最近のネタにはついていけないでしょうが(^^;
 

ゲームとサイトとの腐れ縁?

 投稿者:Kenメール  投稿日:2003年 7月26日(土)23時24分16秒
  移転されたんですね。リンク先のURLを変更しておきました。

何を手にとっても“どこかで見たことあるなあ”状態ながらも、
ときどき、思い出したように何か新しいモノをやりたくなったり。

その一方で、もう手垢がべっとりつきまとってしまったような旧作を、
イチからやり直して昔の感覚を呼び起こしてみたり。

強弩の末勢とでもいった状態なのかもしれません。
ただし、気分転換にゲームを起動して自発的にプレイしているのは確か。
実質的に二番手三番手の趣味に後退しそうではありますが、
サイトを通じて語ることに快楽を得ているのもまた確かなので、
ぼちぼち続けていこうと思います。
気が付けば、もうじきサイト作って4年になろうとしていますが、
“外を見る目”がずいぶん変わったものだと、自分ながら思ったりする昨今。

http://xgamestation.cside.com/

 

システム

 投稿者:GUSTAVメール  投稿日:2003年 5月 3日(土)21時42分15秒
  >DACさん

もう、これはシステムとしてかっちりできあがってますからね。
当事者側も、これはちょっと...と思っても、様々な理由で
もはや引き返すことができない。

よく考えてみればこれだけの業者が参入して、そのそれぞれが
何人かの人を抱え、各人には各人の生活がある、となれば
そうそう降りるわけにもいかない。

まぁ当事者たちからすれば私のような部外者は、ユートピアン的、
空想的なことを言っていられると思うでしょうが、理想を語ることにも
何らかの意義はあるだろうと考えとります。

 

ゲーム寿命

 投稿者:DAC  投稿日:2003年 4月29日(火)16時59分58秒
  ご無沙汰です。

一週間持てば良い方でしょう。これは、エロゲだけではなく、
一般のTVゲームにも言えます。
今となっては懐かしむような話かもしれないけれど、一つの
ゲームが気に入ったら何回も同じ展開を分かっていて同じ
フラグを立ててみたりした。その頃のゲームときたら、
ログでシナリオを遡ることすら出来なかったり、メッセージ
スキップが出来なかったり今から考えれば致命的なシステムで
あっても成り立っていた。
ゲームとして本質的な何かがその頃にあった…というのは
あまりに妄想じみた話で今も昔もエロゲはエロゲ。ゲームは
ゲームでしょう。
何がおかしいかと言えば需給バランスがおかしいのです。
過去にウケたものを手本に需要にほどほど適応したものを
提供すれば、購入される筈という考え方が一般化する
ことで作り手も買い手も道を間違えたのです。全ての
最適化などはあり得る筈もなく行き場を見失ってしまった
結果が今の状況に結びついているのだろうと思います。

退廃と貧困どちらが良いか?多分、死に体の退廃を選ぶ
人が多い。責める訳にはいかないけど、ジリ貧だ。
ひきこもった挙句、餓死ってのはつまらないよなあ…
とか思う。
 

表現の価値

 投稿者:GUSTAVメール  投稿日:2003年 4月29日(火)03時45分55秒
  >Kenさん

どうも、ご無沙汰してます。『水月』ですか。

やはりエロゲ屋は伝承・記憶喪失・巫女が好きなんですなあ(^^;。
自分自身、普段は文字ばかりに没頭しがちなんで、たまにそちら方面の話を
聞いたりすると、面白いと同時に、さてしかし史料としてはどうか、などと
いらんことを考えたりもします。

さてエロゲについては、最近の低価格路線とかを見るに、「週刊誌化」が
進んでいる感がしますね。もちろん同じところが毎週出しているわけでは
ないのですが、作り手自身一週間保てばいいと考えているのではないかと。

それに対して、昔からの買い手は月刊誌のような、つまり一ヶ月の重みに
耐えられるようなモノを求めている場合が多い。となれば、現在の週刊誌
市場に月刊誌を求めるのは難しいのではないかという気もしますね。

まぁ昔はモノ自体が少なかったんで、物理的に月刊誌にならざるを得なかった
ワケですけど。もちろん今でも作る側には、長期間遊んで欲しいと思う人も
少なくないでしょうが、この状況では下手すると「長すぎる」という
非難を受けないとも限らないですから、難しいでしょう。

書く側について言えば、やはり人間なるべくならコンフリクトは避けたい
ですから、それがいつの間にか無意識のうちにルーティン化という道を歩ませる
のかも知れません。

しかしまぁエロゲにしても、サイトにしても、やはり表現をするというので
あれば、一歩なり半歩なりスパッと踏み込まにゃいかんと思いますね。
「表現する」ということの価値は、そのコンフリクトを生むかも知れない、
一歩なり半歩なりに存在しているわけですから。

とまぁ書いてる私自身、何にもしてないわけですが・・・(^^;
 

悶々たるWeb的日常

 投稿者:Kenメール  投稿日:2003年 4月27日(日)16時09分18秒
  お久しぶりです。お元気でしょうか。

新しいメーカーが新しいことに取り組むという姿勢にかけて
いろんなゲームをみわたしてきたものですが、
そもそも“新しいこと”そのものが一周してしまい、
トータルとして調和的な枠内に収まりつつあるように見えます。

開発コンセプトをローリスクとしたうえで、
個別のファンからは別途多種多様な収益を得ることで
短期的な安定性を確保するという手法が確立したのが
1999年ごろから3年ほど続いたように思うのですが、
現在はもはやその流れさえいったん切れているように感じます。
不況の長期化が消費行動に及ぼしている影響もさることながら、
消費の回転構造そのものが陳腐化してきた気がしてなりません。

そういった流れはゲームの供給に限ったことではなく、
ゲームを扱った個人サイトも例外ではないのではありまして。

書こうと思った題材について、なかなか書くことができない。
長期間テキスト書きから離れているわけではない以上、
リテラシーそのものが退化しているはずはないにも関わらず、
しかし自分の問題意識を露呈することができない。
それを提示することで得られるメリットとリスクとを秤量するのは
表現者として当然の行動なのですが、
リスクを背負うことを、より面倒なものだと感じるようになり、
結果として、毒にも薬にもならぬことしか出せなくなる。
どうにかならないものか。
自分に歯がゆさを感じる昨今です。

いえ、単に某ゲームをプレイして

「民俗学よ、もっとしっかりせんかい!」

といいたくなっただけなんですけどね(^^;;;

http://xgamestation.cside.com/

 

どうも

 投稿者:GUSTAVメール  投稿日:2003年 1月 9日(木)23時30分38秒
  >DACさん
どうもどうも、お元気そうでなによりです。帰省やら何やらで
バタバタしてて遅れました。

主に裏ばかりでしたが、昔Nifで色々書き込みしていた頃が
懐かしいですよ。まぁ最近の自分自身がそうですが、何かに対して
プロテスト、すなわち異議申し立てしようという姿勢がどんどん
失われてると思います。

Web、そして当初の2ちゃんあたりは、プロテストの場として
またはNifに対するアンチテーゼとしての役割、価値を有していたはずですが
いつの間にか、それら自体が体制、秩序となり、今や荒らしさえも
計算可能とする道具的理性の虜となっている観さえありますね。

月別報告スレあたりが典型ですが、今やスレをたてる日や、細かい報告の仕方までが
テンプレ化され、それを少しでも逸脱すると多数から非難される始末。
この姿勢は何なのか。少し前までは無法地帯と言われていたところが
今では正反対、まさに秩序の砦でしょう。

個別細分化されたスレッドは、それぞれが一種閉鎖的に作用し、
そのスレの大まかな姿勢を作り上げると同時に、異物の排除が進行する。
メーカーはその姿勢を参考にするが故に、さらなる排除、閉鎖的傾向を加速し、
蛸壺化する。そこにはもはやプロテストという、ある意味コンフリクトを
引き起こすおそれのある行為は存在しない。

まぁかつて2ちゃんを支持してきたものとしては、こういった住民たちの
「ふるまい」の変化は寂しい限りですよ。あの頃はNifが秩序の代表でしたが、
今では2ちゃんがそれに取って代わろうとしているわけですから。

それでもまだ少しはプロテストの場として、存在意義はあると思いますが。
 

無節操な個人の拡張

 投稿者:DACメール  投稿日:2002年12月29日(日)10時21分22秒
  次にWebやNiftyにもあったよくある「変な概念」。

1.「意見はそれぞれ」「何を正しいと考えるかは相対的」

酷いのになると自分の意見が論拠に乏しいことを指摘されて
持ち出したりします。一見、相手の意見を尊重して、博愛的
平和的解決を望んでいるように見えます。
しかし、これほど真面目に意見を出してきた相手を虚仮にする
言葉は無いでしょう。自分の意見の中にある矛盾を棚上げに
して追求を拒否し、あわよくば機を伺って自分の主張を
一切変えずにあらわす決意が見えていますからね。
事前に多くの擦り合わせが十分あって、特定の要素が判断
出来ないなら留保するのは一案だけれど、この言葉が安易に
乱用される場面が偏在しています。

2.「趣味だし楽しければ良い」

前提条件の「楽しければ」が「イマイチ満足出来ない」
「楽しくない」になってしまった時、これは崩れます。
薄々楽しくないことに気付いていても、それを認めるのが
怖い場合や、自分の感じている楽しさを他人に壊される
ことを回避したい場合に使われます。

3.「礼儀」「マナー」

ある特定の同種集団に必要な時適宜言葉にされる便利な
掟のこと。他人の考えを問答無用で否定するのに便利。

4.「これは、あくまで主観です」「私見ですが」

ツッコミ厳禁の意味。



言い出せば、キリが無いですけど、個人の考えや解釈を
保護することが、度を越し過ぎているのです。
馬鹿を馬鹿と指でさして笑うことに目くじらを立て、
馬鹿にベースラインを合わせる。

確かに民主的ではありますが、正しい判断ではありません。
馬鹿であればあるほど馬鹿ゆえに図に乗って「実は自分は
賢いのだ。正しいのだ」と信じて、且つ観客化します。

これはユーザ化と言っても良い。
自分は享受されるべきで、且つ負担をしたくない。
確かにそれは嬉しいことかもしれないが、あり得ない理屈。
享受される以上は負担があるし、負担しないなら享受出来ない。

そこで都合良く、詐欺師がやってくる。
「うんうん。確かにその通り。君達の願いを適えてあげるよ」
詐欺師は詐欺師らしく素晴らしい試供品をちらつかせる。
すると、ユーザはもう乗り気だ。
当然、そんなことはデタラメで、馬鹿の財布から絞り出して
やろうという算段なのだけど…。



言葉を選ばず「馬鹿」って連発して書きましたが、意味合いを
受け取ってもらえると嬉しい。
自分はNifty文化の建前や胡散臭さが嫌いだった。だから、
インターネットがある程度一般的になった時点で足を抜いた。
それから暫くして、インターネットもまた建前と不特定匿名に
頼るような奴のゴミタメ化が急速に進んだ。
仕方ないことなのだけど、とても切ない。
 

レンタル掲示板
/8