teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


携帯変えました

 投稿者:@塾長  投稿日:2017年 3月17日(金)21時44分4秒
  最近、携帯の電気がすぐなくなりました。
そこで、寝しなに充電につないでいたのですが、充電終了が夜中だったので、
電線を抜こうとしたら、きちんとボタンを押してなかったので、電線がちぎれてしまいました。
ドコモへ行ったのですが、電池そのものの能力が落ちているけど在庫がない。
と、云う訳で新機種を買いました。
店員さん曰く、ガラケイはあまり作ってないので割高になります。スマホの得点は云々。云々
分かるけど、携帯の使用率が低い私なので、やっぱりガラケイにしました。
しかし、文字の大きいこと、老眼にならない私にとっては、大きすぎ。
と、云う訳で、当分機能を使いこなせそうもありません。
 
 

楽しんでいただけたようで

 投稿者:@塾長  投稿日:2017年 3月12日(日)19時57分13秒
  本当に良かったと思っております。
今後とも、よろしく。
 

有意義でした

 投稿者:LAGUNA  投稿日:2017年 3月12日(日)18時42分49秒
  本日、加藤塾に参加して大変勉強になりました。
大船の常楽寺はいつか参拝したかったお寺であり、木曽義高の墓にも
行くことができました。個人ではなかなか見つけにくく、加藤塾で
引率していただき、感謝してます。
また、「謎の切通し」は興味深かったです。知られていない場所に
このような切通しがあるとは、またまた感激です。
毎度ながら、今回もお世話になりました。
ありがとうございました。
 

歩いてきました

 投稿者:@塾長  投稿日:2017年 3月 8日(水)20時57分31秒
  昨日は、歴史古街道団の団員によるガイドウォーク「瓜生往還ー近世の道を歩く」でした。
小田急多摩線「永山駅」から出発して北側の石仏類を三か所見て、鎌倉時代の処刑人が引かれた坂。
旧瓜生の流れに造られた、緑道を散策して、横山の道「防人見返りの峠」へ出て、尾根伝いや
川崎市にもこんなところがあるの?ってな麻生区の山村を歩いてきました。
一転俄かに掻き曇り雨が降ってきました。
農家が提供する市場で雨宿り兼品物の物色で、紅玉リンゴのジャムを買いました。
味は、孫会員のママにあげちゃったので、後日聞いてみます。
良かったのは、打ち上げにビッグボーイへ入ったらハイボールと一緒に頼むとサラダバーが割安です。
野菜ならいいだろうと、三杯も食べてしまいました。
 

歩いてきました

 投稿者:@塾長  投稿日:2017年 2月27日(月)20時19分19秒
編集済
  一昨日の土曜日ですが、歴史古街道団の宮田団長の案内で、百草園でした。

現在は、京王百草園がありますが、かつてあの山には大寺院があったのです。
吾妻鏡にも載っている「真慈悲寺」があったんだそうです。
頼朝は、祈願寺として一切経と荘園を寄付しています。
また、後白河法皇の49日には、鎌倉の勝長寿院で百僧供を行った際に、3人の官僧が参加しています。
官僧が、3人も参加したという事は、当然純然たる坊さんが10人くらいは居たんだと思います。
とすると、その身の回りの世話をする下働きの坊さんもいただろうし、年貢を徴収してくる僧兵もいただろうと思います。
現地に行って、百草園下の谷戸を見ていると、七堂伽藍はともかく、かなりの僧坊が並んでいたような、そんな想像が浮かんできました。

その後、寺院は時の移り変わりの中で廃寺となり、小田原北条氏の時代には、見張り砦的な城だったようです。

江戸時代には、別系統の方が新たな寺院を建立したので、現在の百草園はその時代の方丈の裏庭だったみたいです。

百草園の裏山をあっちへ登ったり、こっちへ下ったりと、結構歩き回りました。
今度、歴散加藤塾の人たちも案内したいですね。
 

化粧坂はきつかったですね

 投稿者:@塾長  投稿日:2017年 2月19日(日)22時26分56秒
編集済
  鎌倉古道 上の道1 再々歩行 リクエスト戴き歩きました。
7名の参加です。
鉄井戸から、巌谷不動前、寿福寺前で往古の古道を発見。
化粧坂には、切通しがない。でも外鎌倉からの攻撃は難しい。
寺分は、昔ながらの静けさ。兜松は民間信仰の神様。
村岡城址は、何も残っていない。
などなど、参加者の皆様には、楽しんで戴けたようなので、まずは良かった。
 

参加有難う御座います

 投稿者:@塾長  投稿日:2017年 2月15日(水)17時35分20秒
編集済
  楽しんで戴けたようで、よ・ござんした。
方位や時間については、現代より表現がはるかに複雑だったようです。
乾   子   艮
  亥  丑
 戌    寅
酉      卯
 申    辰
  未  巳
坤   午   巽
 

七稲荷めぐりについて

 投稿者:LAGUNA  投稿日:2017年 2月15日(水)11時01分8秒
  2月12日(日)の七稲荷めぐりに参加いたしました。
現地での塾長の解説から、また新しい知識がインプットされました。
例えば、鬼門とされる丑寅や裏鬼門の巽の方位・方角の話など興味深かったです。

これら七稲荷は、普段歩いている鎌倉の散策路に隠れてひっそりと存在していることを
知ったことは、鎌倉の再発見となりました。
今回の散策は、距離も時間にも余裕があり楽勝でした。
今後とも、参加していきますので、よろしくご指導ください。
ありがとうございました。
 

歩いてきました

 投稿者:@塾長  投稿日:2017年 2月12日(日)20時18分29秒
編集済
  初午、七稲荷巡り。
まず、若宮大路へ出て、宇都宮稲荷へ詣でました。
次に路地を北上して、八幡宮東側路地へ入り、八幡宮巽(東南)の隅の築山稲荷。
八幡宮の石段を上って、この山に元からおられた地主神の丸山稲荷へ、
地主さんなので、八幡宮社殿より一段高く祀られていますが、
登って行ったら、初午特別祈願のお札を買わないものは、入り口でシャットアウトです。
近頃の八幡宮は、商業主義に徹しています。
気を取り直して、八幡宮坤(西南)隅の紅葉稲荷。
赤橋前の駐車場隅の和田稲荷。これは、和田左衛門尉義盛の屋敷の鬼門にあったと推測されます。
巌谷道から今小路へ出て、名刀工岡崎五郎正宗鍛冶工房跡と伝えられる刃稲荷。
そして、佐助隧道を抜けて、佐助稲荷と七カ所巡りを歩いてきました。

今回は、飲み会無しです。
7人中5人が飲めない身分(先天的とドクターストップ)なのと塾長が、
先日の国民健康保険特定健診でひっかかってドクターストップ状態だからです。
塾長は、断酒四日目です。
 

歩いてきました

 投稿者:@塾長  投稿日:2017年 2月11日(土)19時48分36秒
  歴史古街道団の開発前の唐木田を忍ぶ散策でした。
数十年前の開発当初頃に、東京から唐木田へ引っ越してきたという方が、案内してくれました。
越してきたばかりは、小田急多摩線も来ていないし、京王相模原線も来てなくて、三十分もバスに揺られて、府中駅まで出ていたそうです。

昔の名残がある場所や、地名が残っていたりする場所を、昔の話を披露しながらです。
例えば、小川の合流する場所にあった、○○橋の地名や昔からある地蔵様、
え!川はどこへ行ったの、暗渠になってその上に散歩道が造られて、
下流でやっと顔をのぞかせてるのをみつけて、川を確認したりする一面もあります。
また、ある古在家のそばには「禁断の地」というのがあり、その土地はいじってはいけないと伝説があったそうです。
小山のすそにじめっとした場所なので、もしかしたら飲用水の涌き場だったのかも知れません。
とにかく、人それぞれの万歩計では、7km/9km/11kmとの意見が出ていました。

そうそう、二俣川は今朝の出がけには、屋根や畑は真っ白だったので、多摩の山歩きは大丈夫かと、
おそるおそる行ったのですが、唐木田駅の周りには、雪は全然ありませんでした。
 

レンタル掲示板
/206