teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


謹賀新年

 投稿者:@塾長  投稿日:2017年 1月 1日(日)00時38分47秒
  明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。
 
 

もういくつねると

 投稿者:@塾長  投稿日:2016年12月29日(木)18時21分25秒
編集済
  スーパーでも駅前でも、この「もうーいくつ寝ると」の音楽ばかりですね。
子供のうちは、お年玉がうれしくて、お正月が楽しみでしたね。
でも、私はお餅が苦手なので、ご飯が食べたくて仕方がなかったのです。
とうとう、三人前だけご飯を炊いてくれて、三食一人でご飯を食べていました。

この頃は、年を重ねて落ち着いたので、お餅も食べられるようになりました。
うちは、今年はトリプル喪中なのですが、年に一度のことなので、地味にお正月をします。
安い蒲鉾と伊達巻は買いました。それも二種類も。
貧乏性なので、高い蒲鉾は弾力がありすぎて、食べにくいのです。
あと三つ寝るとお正月ですね。
 

山越えしなくても

 投稿者:@塾長  投稿日:2016年12月21日(水)10時22分3秒
  そうだ、浄智寺から亀ヶ谷切通しを抜け、武蔵大路で寿福寺前へ、今小路・佐助隧道を抜け、長谷大谷戸へでれば楽だ。
で、長谷寺・御霊神社とお参りして、江ノ電で鎌倉駅へ来て
本覚寺・妙隆寺・宝戒寺・八幡宮源氏池でもいいんだにゃあー。
昼飯は、長谷寺の海光庵で、蕎麦でも食べようか!
ただし、ご朱印はいらないぞーーー。
 

検討中

 投稿者:@塾長  投稿日:2016年12月12日(月)20時00分12秒
  1月の七福神めぐりですけど、もう数年間同じに歩いているので、ちょっと飽きてます。
そこで、浄智寺から大仏ハイキングコースを通って、長谷寺・御霊神社へ先に行き、
あと本覚寺・妙隆寺・宝戒寺・八幡宮と云う手もあるのかなあー?
でも、大仏ハイキングコースは結構きついしなーー・・・云々。
などと悩んでおります。
最近、金沢文庫で手に入れたパンフレットに「横浜金沢七福神めぐり」の記事を見つけました。
シーサイドライン沿線のようです。なお、ご朱印はどこも300円が相場です。
300円×7=2,100円、福も馬鹿にならないなぁーーー!
 

歩いてきました

 投稿者:@塾長  投稿日:2016年12月11日(日)21時39分30秒
  歴史古街道団の皆さんとともに、横山の道をゴミ拾いをしながらでした。
皆さん、まじめに張り切っていて、大きなゴミ袋に三袋も集めました。
小田急多摩線の唐木田駅から京王相模原線の多摩境駅までです。
唐木田稲荷には、石造物が6基、ちゃんと建物の中に保管されていました。
○○様や、双体道祖神・観音様などなどです。
町田市の戦車道では、マラソン人が結構走っていました。
 

忍性展

 投稿者:@塾長  投稿日:2016年12月10日(土)12時09分8秒
  今日は、1600から横須賀で飲み会なので、
ちょうど良いので途中、金沢文庫に寄って行きます。
忍性展では、極楽寺の清凉寺式釈迦如来がハンサムです。
一昨年の故戸塚の太郎さんと行った4月8日以来の体面になります。
 

はい、ご苦労様でした。

 投稿者:@塾長  投稿日:2016年12月 6日(火)06時50分37秒
編集済
  実は、私も昨日から太ももが痛いのです。
坂の上り下りは、もう!いらないっ・・・って感じです。

来年は、獅子舞谷はもういいやーーーって、思いつつあります。
そこで、もみじの季節=忘年会のコースを考えなくてはなりません。

植物は、詳しくないので、獅子舞以外の紅葉を知っている方、教えて!
 

今年、最期の加藤塾に参加して

 投稿者:LAGUNA  投稿日:2016年12月 5日(月)21時46分3秒
  毎回、加藤塾に参加して感じることは、必ず知らなかったことがあること。
私にとって、塾長からの史跡の説明・解説にいつも新しい知識が加わります。
今回、獅子舞谷からの天園ハイキングコースは天候に恵まれ、紅葉にも出会えて、
最高の野外学習日となりました。

獅子舞谷での加藤塾長のご活躍はしっかり見てました。
塾長の服装に「名誉の泥汚れ」が何箇所も見受けられました。
確かにあの場で塾長が支えてあげなければ、もっと大きな事故につながっていた
ことでしょう。カメラは立派なものをぶら下げていましたが、足場の悪い、
危険な箇所もある山道に「高齢者が一人」とはいかがなものでしょうか。
まさに多くの人に助けられ、迷惑をかけているわけですから。

帰りの十王岩から西御門に下る道は初めてでしたが、驚くほどの急坂を下りつづけ
膝がガクガクしました。
自宅に帰って万歩計を見たら24,000歩余りありました。
それにしても、加藤塾の参加者の皆さん、健脚でしかも元気ですね。
私は、夜8時には疲れて眠く、すぐ床に就きました。
朝起きたら、まだ膝はガクガクするし、肩は凝ってるし、動悸・息切れ・めまいは
するし・・・・
「菩薩様」になる日が近いように思いました。
 

倒れてきた爺さんの話

 投稿者:@塾長  投稿日:2016年12月 5日(月)09時22分43秒
編集済
  昨日の「鎌倉紅葉めぐり」では、獅子舞の谷戸は日が当たらないので地面が乾きません。
そこへ持ってきて大勢が詰めかけたので、道はグチャグチャです。

獅子舞谷の名称発生の地の、大きな切通しかもしれない通路を抜けて、
もう少しで紅葉いっぱいの坂へ出る寸前の、場所でした。

年配の女性たちが、わきへよけてくれていたので、左の坂を登ろうとした時でした。
前を上り始めた80歳くらいの大きなカメラをぶら下げ、りゅうっくを背負った小柄な爺さんが突然、
後ろから登り始めた私の方へヨロヨロと、後ろへ向かってきたのです。
私は、あわててその爺さんを止めようと後ろから抱くようにしたのですが、
爺さんは力が抜けたように私によっかかってきました。
私も年寄りなので、支えきれず爺さんを抱えたまま右側へくずれ、右ひざと右ひじ・右手をついてなんとか止めました。

もし、私が止めなければ、爺さんは道を避けてくれていた年配の女性の足元をすくい、
三人一緒にその後ろの2mほどの溝に落ちていたでしょう。

一旦立たせた爺さんがまたもよろけるのです。

若い人が支えてくれて、なんとか爺さんは立ちました。
爺さんに
「あなたは今、平衡感覚が崩れているので、すぐに動かず暫くそこで立っていてください。」
と云いながら、肘の泥だらけを見せたら、詫びを言ってました。

右手・右ひじ・右ひざは泥だらけになりましたが、人助けをした気分です。
 

ご協力ありがとう

 投稿者:@塾長  投稿日:2016年12月 4日(日)21時29分38秒
  今日は、20名の参加有難うございます。
獅子舞谷の人出の多いのには、驚きました。
もう、来年はいいやー、って感じです。
今年はもみじの紅葉が早かったので、みんな真っ赤でしたね。
ま、それも見たし、でしょうかね。
倒れてきた爺さんの話は、明日詳しく書きましょう。
 

レンタル掲示板
/203