teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


移行します

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月24日(金)20時12分30秒
返信・引用
   自分のホームページが出来たので、これからは、そちらのほうに記事をあげようと思います。
 こちらのほうは、「感想を書く」場所として、使ってください。

http://markhouse.web.fc2.com/

 
 

ホームページはじめました

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月24日(金)09時22分48秒
返信・引用
   表、裏のブログにも掲載しましたが…ホームページを作ってみました。
 これで、「私の世界、フェアリーテイル」と、「螺旋虎さんの世界、パンデモユニヴァース」を、分けて閲覧できるようになったと思います。
 ぜひ、使ってみてください。
 (見た目は最悪ですが…ご了承願います)

 アドレスは、以下のとおりです。

 http://markhouse.web.fc2.com/

http://markhouse.web.fc2.com/

 

御門結城 キャラクター設定

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月24日(金)07時27分39秒
返信・引用 編集済
   今回は…フェアリーテイル トゥルース(FTT)における主人公、「御門結城」について紹介します。
 洒落にならない分量になるので、もしかしたら分割が必要になるかも?

 御門結城(みかどゆうき)初登場時(フェアリーテイル プレリュード:FTP)で14(13?)歳。FTTで21歳。

 外見 黒髪の少年。短髪。イメージは…おそらく、後の文章を読めば、すぐに想像できるので、あえて省略します。
 分からなかったら、遠慮なくどうぞ。

 出生 教団関係者?の家で生まれる。
 両親は、早くに他界。その裏には、「子供を改造する」ことを防ごうとして、千恵(ちえ)が殺したという経緯がある。
 (結局、エリカは守れず、幽霊となってしまうのだが…)

 幼くして養父母の元で育ち、「正義の味方」に憧れを持つ。
 もしかしたら、「最初の機体(錬自のもの)」を見て、憧れを抱き、「いつかは機体に乗って、戦いたい」と思っていたかもしれない。

 13歳のときに、転機が訪れる。
 養親が他界し、親友のレイジとともに、「両親の死の真相」を探っていたところ…ピース・オブ・ドゥーム(POD)に襲われている少女(響…この時点では、「年上」)に出会う。
 その際、「必死に戦って」、守ろうとするが…あっという間に、絶望的な状況に追いやられてしまう。

 あわやというところで、実(みのる)たちのパーティーに助けられ、強い感謝を抱く。
 また、その際に舞(まい…実のパーティーの一員)も、彼のすさまじい力に気づき、興味を抱く。
 (13歳の子供が、「必死に戦って」、これだけの時間を稼げるというのは、「ありえない」こと)
 そのため、舞の家に住み込むことになり、パーティーの一員として、徐々に成長していく。

 ところが…「最悪の悲劇」が起きてしまう。
 響は、「黄道十二星(こうどうじゅうにせい)」の一員、うお座であり…それを知らないまま、戦い、そして自らの手で殺してしまう。
 絶望に支配されながらも、戦い続け、最後には「ヒーローズ」の一員となるが…彼の胸にあったものは、苦い思い出でしかなかった。

 それから7年のときが経過し、FTTに移る。
 その間に、「トラブル(アスモデウスのところに、エルとリアが捕らえられ、それを結城が救出する)」があり、そこでエルという天使、リア(黄道十二星の、やぎ座)という悪魔と出会い、両方と仲間になる。
 (エルは、「守護天使」として、リアは「守護悪魔(笑)」として)

 ここから、FTTの第一話の流れです。

 広正のところで、「機体のエースパイロット」として活躍していた彼。
 そこに、教団最大の作戦、「星の屑(さすがに、公式な場では、名前は変えようと思っています…教団のイメージからすると、あえてこれを使いそうですが…笑)」発動。
 これは、「大規模な主戦力をおとりとして、少数精鋭が内部から破壊する」というもの。
 その戦いで、機体「アストラル(量産機の、リーダータイプ)」を破壊された結城は、一人の少女と出会う。
 その少女、晶(あきら)によって、中枢部にたどり着いた結城が出会ったのが…後の彼の愛機、「ウィル」である。
 起動に失敗し(最後の最後で、邪魔されて、晶は壁にたたきつけられ、「イマジン」に傷がつく)、絶体絶命のピンチに陥ったそのとき…動かないはずのウィルが起動して、戦う力を得る。
 敵を倒し、晶(アンドロイドなので、事なきを得た)、そして昔からの仲間であるレイジ、エル、リアとともに、教団と戦うことを決意する。

 以上が、FTTの、第一話の流れです。
 …混ぜるな危険(笑)。

 性格 FTPの時点では、「正義にあこがれる少年」。
 素直でまじめ、ちょっぴり頭が弱いところはあるが、とにかく「まっすぐ」な感じで、見ているだけでも勇気付けられるほどの存在。

 ただし、FTTの時点では、多少屈折してしまっている。それでも、基本となるところは、全く変わっていない。

 欠点 熱血漢過ぎて、周りが見えないことがたまにある。
 レイジへの依存心が強く、彼なしでは力の半分も発揮できないかも?
 それだけ、「最高のパートナー」であるということではあるが…。

 台詞の抜粋 「俺が結城、御門結城だ!」、「俺は…とんでもないことを、してしまった…」、「俺たちの想い、止められるか、「神」よ!」

 こだわり 舞をはじめとする、自分を拾ってくれたパーティーへの絶大な恩。
 「決めポーズ」の練習に、余念が無いこと(笑)。
 「正義」を貫くという、徹底的な信念。

 技能 双剣(イマジンの力で、それ以上になることもしばしば…必殺技は、7つの剣を使った乱舞)を使い、アクロバティックに戦う。
 双剣も、通常の「剣」から、気の力による剣、短剣など、さまざまな形状を取る。
 また、「ひとつの剣」にして、出力を高めることもでき(物語の、後半になるが…)、その威力は衛星兵器、「メギドアーク」を一刀両断するほどの力を誇る。
 (残念ながら、「地上から」ではないが…苦笑)

 また、「永遠(とわ)」の宿主だった?という経験からか、「「時」をスローモーションで見ることが出来る」という能力も有する。

 ただ…さまざまな能力を使う際に、「晶化」という変身を行う必要がある。
 これは、「自らを「水晶の塊」になる危険にさらす」ことであり、非常に危険な能力。
 (本来、ドゥームの側の能力)
 その代わり、そのときの彼の「力」は、半端ではないが…。
 (これがあったからこそ、13歳の時点で、PODと戦うことが出来た)

 役割 FTTにおける、問答無用の主人公。
 1話の後、さまざまな経験(その中には、レイジの裏切りも含まれる)を経て、仲間も増え(「復活した」響、アル、エルなど、さまざまなキャタクター)、機体も乗り換えて(ダブルイマジンシステム採用の、「オリジン」という機体)、いよいよ神との決戦前夜…神の奇襲によって、絶体絶命のピンチに陥る。

 そして、その後…さまざまな経験を経て、再び神と対峙する。
 そのときの機体は、「ウィル」、いや、さまざまな経験を経て、全く新しい機体へと進化を遂げた、最終機「ブレイブ」。

 神を追い詰め、止めを刺す瞬間に…光に包まれ、気がついたときは、「3分が経過し、神は滅んでいた」。
 とはいえ、誰の目から見ても、「結城が神を倒したのは、明らかである」。

 戦闘テーマ 初期 ガンダム00より、「DAYBREAK'S BELL」
 中期~後期? 同じくガンダム00より、「儚くも永久のカナシ」

 以上です。
 ほぼ、「パクリ」ですよね(笑)。
 とはいえ、個人的には嫌いなキャラではないので、出来ればこのまま使いたいのですが…。 

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

古賀大河 キャラクター設定

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月23日(木)10時11分20秒
返信・引用 編集済
   今回は、フェアリーテイル プレリュード(FTP)における、「もう一人の主人公」といっていいキャタクター、古賀大河について紹介します。
 本来のストーリー(10代のころから温めてきた)では、彼が主役だったのですが…紆余曲折があって、外れてしまいました。
 とはいえ、「重要キャタクター」であることは、間違いないですけれどね。

 古賀大河(こがたいが)17歳 登場時CPは、350CP以上(おそらく、350CPでは、再現しきれないので…)

 外見 黒髪の「美形」。
 まるで少女マンガの世界から出てきたような、ちょっぴりワイルドさを秘めた、かっこいいキャラ。
 常に(さすがに、外出時は、着ないことが多いが…)執事服を着ている。
 イメージとしては、keyの作品「Rewrite」の、鳳咲夜を、もう少しだけ長髪にしたような感じ。

 出生 995回目?くらいの時点では、「普通の若者」だった。
 その後、舞と出会い、徐々に惹かれていく。
 998回目のときには、「最強の剣士」として、共に戦っていたが…草薙士郎(くさなぎしろう)の前に敗れ、目の前で舞を失うことになる。
 最後に舞が、力を振り絞り、「世界軸を超えた」ことで、999回目の世界に転生する。
 目が覚めた瞬間に目にしたのは…「舞が、何者かに襲われている」姿であった。
 すぐに助け、いろんな話をし、結果として「999回目の」舞に仕えることになる。

 性格 舞への忠誠あふれる、いかにもな「執事」。もちろん、あえて舞を諭すこともあるが、それもすべて舞への愛ゆえに。「998回目の」舞を救えなかったことを、心のそこから悔やんでいる。

 欠点 「剣」にこだわり、ほかの武器を使おうとしない(格闘は別)。頭の良さという点では、若干ほかのキャタクターに劣る側面がある。

 台詞の抜粋 「この状況で、私がやることは、一つしかありません」、「舞様は、確かハーブティーがお好きでしたよね」、「草薙士郎…今度こそ、必ず倒します!」

 こだわり 常に自らを鍛え続けること、少しでも舞とともにいること。舞の「敵」は、どんなことをしても排除すること。

 技能 剣の達人。
 実(みのる)との戦闘において、「銃弾を剣で切り裂き、あまつさえ反射させて襲わせる」ほどの腕前。
 もちろん、遠距離攻撃(気によるものから、物理的に剣で「飛ばす」ことまで)も、お手のもの。
 また、執事としての知識も、他の追随を許さない(才能が無かったため、どれだけ苦労したか…)。

 役割 舞の側として、最初は実と敵対する。その後和解し、共に戦う「友」となっていく。草薙士郎との最終決戦で、止めを刺すのも、彼の役割。

 戦闘テーマ ボーカロイド「神威がくぽ」(?)より、「ダンシング☆サムライ」
 (「軽すぎる」ことも、彼が舞に負担をかけたくないという気持ちから、この曲を選ぶであろう…と考えて、これにしました)
 「真」戦闘テーマ(おそらく、FTPにおけるラストバトル) 同じく「神威がくぽ」より、「武思道~It was the way of the SAMURAI~」

 以上です。
 「元」主人公だけあって、彼に対する愛も、すさまじいですよ~!

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

奏 キャタクター設定

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月22日(水)11時01分53秒
返信・引用 編集済
   どんどん、キャタクターを紹介します。

 今回紹介するのは、フェアリーテイル トゥルース(FTT)で、主人公のライバルになるキャタクター、「アルフ」のパーティーの一人、奏(かなで…彼女はその名で呼ばれることを恐れているので、「メロディ」と呼ぶべきでしょうが…)です。

 奏(かなで…苗字は捨てた…というより、覚えていない) 通称「メロディ」

 外見 一見しただけで、気弱さが伝わってくるような少女。おそらく、「外の世界と断絶する」ための手段として、めがねを着用している。徹底して地味であろうとするのであるが…残念ながら、それが実を結ばないほどの「美少女」。

 出生 悲惨の一言。
 姉の響(ひびき)とともに、ありとあらゆる虐待(肉体的、精神的、性的…)を受けて育つ。
 助けを求めたくても、「小型爆弾」が埋め込まれていたため、誰にも助けを求められなかった。
 フェアリーテイル プレリュード(FTP)において、救出されたときは…すでに、「人間」と呼べる状態ではなくなっていた。
 その後、かろうじてFTTの時点では、人間らしさを少しずつ取り戻しつつある。
 そして、リハビリの一環として、「部屋の外に出る」訓練をしていたときに、のぞきのために侵入していたアルフと出会う。
 その後、さまざまな紆余曲折の結果として、アルフとともにパーティーを組み、戦うことになる。
 アルフに対する好感度は、最初からMAXなのだが…少しでも触れようとすると、恐怖に支配されてしまい、拒絶してしまう。

 性格 とにかく気弱で、自分自身への否定感が強い。そのため、自分自身の力を、全く発揮できない。人を極度に怖がっているが、誰よりも「愛」を求めている。

 欠点 前述のとおり。とにかく最初の時点では、「話をすることも困難」。

 台詞の抜粋 「ひっ……」、「私に出来ること…そんなこと、あるのでしょうか…?」、「アルフ、待っていて、必ず…必ず助けるから!」

 こだわり 徹底的な人への拒絶(響に対しても、不信感があるほど)、ひきこもり。その反面、本当の意味で「味方」だと思ったら、すべてを捧げるほどの献身。

 技能 シーフとして、もはや「神」レベルの才能を誇る。
 その一例は…「ハッキング」であれば、「チカが、遠く及ばない存在」であるほど(?!)。
 徐々に力を発揮していき、「現実を支配する」力も手に入れる。
 イマジンを発動させた彼女の力は、「物理法則なんて、簡単にハッキングする」ほどの、すさまじいもの。

 役割 アルフのパーティーの、「ヒロイン」の一人。
 最初は、全くの役立たずであるが、最終的には「最強のキャタクター」の一人として、献身的に仕える。出来れば、彼女とアルフが、結ばれてほしいが…。

 戦闘(というより、彼女の)テーマ ボーカロイド「初音ミク」より、「鎖の少女」

 こんな感じです。
 音楽を聴くだけで、ここまでキャタクターが出来てしまうほどの、この名曲…ぜひ、聴いてください!

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

FTA ラストバトル

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月22日(水)08時08分25秒
返信・引用
   もはや、「FTAにおける、ラストバトルの完全なネタバレ」です。
 それでも、あえて「色を変えません」。
 流れが分かっていて、なお「感動させる」のが、私の目指すところですから。
 そういう意味では、他のキャラクターの「反転」も、早めに解除したいのですが…。

 神の攻撃、「イマジンブレイカー」(イマジンの無効化)、「テクノブレイカー」(技術の無効化)、「マインドブレイカー」(「心」の無効化)、そして「最後のセフィロトの放出」
 悠基、およびラルゴ、一瞬効果が現れるものの、悠基の暗い怨念、およびラルゴ(ラルゴは、悠基)への愛によって、無効化。「空白の3分間の始まり」。
 激闘。
 最後のセフィロトが、次々と「動けない、他の人たちを虐殺」。また、悠基とラルゴも、最大のピンチを迎える。
 なぜか…おそらく、「生存本能」によって、動き出す他の人たち。その助けによって、悠基とラルゴもピンチから脱出。反撃。
 最後の攻撃。「人間を、なめるな!!」
 神の滅び。悠基の目には、笑っているように見える。

 こんな感じです。
 自分では…それなりの出来だと思います(実際、想像したときに、涙を流してしまいました)。
 自分が感動しないものが、人を感動できるはずが、無いですからね。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

エリ キャラクター設定

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月21日(火)15時16分12秒
返信・引用
   続けて、「もう一人のフェアリー」である、エリについて紹介します。
 彼女は、フェアリーテイル アナザー(FTA)のヒロインの一人で、「裏のメインヒロイン」といっていい存在です。
 ちなみに、名前、外見など、さまざまな点で今は無きサイト、「妖精とかサキュバスとか」のメインヒロインを流用していますが、全くの別人です。

 エリ(年齢不詳…恐らくは、若い)

 外見 緑の髪、緑の瞳、薄緑の羽を持つ、妖精の少女。身長は、16.5センチ。かなりの「可愛さ」をもつ少女。

 出生 妖精の里に「生まれ」て、外の世界にあこがれていたところ、セイムという女性が仲間を求めているということを長老から聞き、立候補する。実際は、「厄介払い」(セイムが求めていたのは、「もっとも力が弱く、里で一番役に立たない妖精」であった)であったが、知る由も無い彼女は、意気揚々と旅に出る。そこでさまざまな経験をして、徐々に成長していく。

 性格 いかにもな「妖精」。明るく、気まぐれで、異常なほどに前向き(何も考えていないとも言う)。

 欠点 力が弱いこと。頭が弱いこと。好奇心が強すぎること。

 台詞の抜粋 「さて、エリの物語の、始まり始まり~!」、「え~?、どうして、泣いているの~?」、「受け取って、この世界の「真実」を…」

 こだわり とにかく、「楽しむこと」。疑問に思ったら、必ず聞くこと。座右の銘は、「イチゴ味の、三角形のもの」(座右の「飴」と勘違いした模様)。

 技能 魔法による手助けがメイン。ちょっとした回復、ちょっとした攻撃…など。基本的には、セイムの隣で騒ぐのが彼女の役目。

 役割 妖精の里を出て、セイムの旅において「精神的な支え」となる。一番の話し相手。最終的には、「究極の質問」、「なぜ、1+1は2なのに、唯一絶対の神なんて信じられるの?」を行い、激怒した神の手のものによって、命を落とすことになる。絶命の間際に、世界との交流(妖精は、「死ぬ」のではなく、「世界に還る」もののため)で、「神の目的」を知り、それをセイムに伝える。そして、世界に溶け込み、消えていく。

 こんな感じです。
 「悠基」が主人公の、FTAにおける、重要人物ですよ~!
 彼女にこの「役割」を与えてくれた、NHKスペシャル、ヒューマン なぜ人間になれたのかの第3弾には、本当に感謝、です。
 この作品によって、「物語の結末」が、全く変わりましたからね。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

佐藤咲 キャラクター設定

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月21日(火)14時42分26秒
返信・引用
   本来は、「もう一人のフェアリー」である、エリ(パソコンの調子が悪いので、「エミ」と書いてあったら、「エリ」に置き換えてください…よく間違えてしまうので、単語登録したいのですが…)を書くべきなのかもしれませんが、「この曲」を聴いてしまったため、こちらを優先します。
 出来れば、エリまで今日中に書ければ…。
 フェアリーテイルプレリュード(FTP)における、主人公、佐藤実の妹、佐藤咲です。

 佐藤咲(さとうさき)15歳 登場時85CP

 外見 ちょっと気弱そうな感じの、茶髪(兄が茶髪のため、脱色している)の少女。はかなげな感じで、「守ってあげたい」系ランキング1位の少女。

 出生 教団の両親の元に生まれる。両親に期待され(未来を見ることが出来るという能力の持ち主!)、育てられていったが…力が弱く、「役立たず」と判断されたため、同じ力を持つものとの間の子供に期待するという「捨てられ」方をする。あわやというとことで、実に助けられ、ともに教団からの逃亡生活を送る。体が弱いため、限界に達し…実同様、力尽きたところを紅葉に発見される。ここから、物語が始まる。

 性格 「兄」である実への、絶対的な「愛」そのためならば、「引き金を引き、相手を撃つ」ほどのレベル。実際は気弱で、とても優しい性格。人を傷つけるのが、大の苦手。

 欠点 力が弱いこと、内気であること、人に対して優しすぎる(特に寄付のお願いは、断れない)こと、寂しがりやで、怖がり。

 台詞の抜粋 「お兄ちゃん…「抱いて」」、「料理だけは、自信があるよ」、「それが…私の、「覚悟」です!」

 こだわり 兄への絶対的な愛情。料理では、「手を抜かない」こと。学校の勉強は、どんな状況でも必ずやること。

 技能 料理の腕前は、FTPの時点で、すでにプロ級。成績優秀。「未来を見る」力、人(動物も)の心が読める力。FTTでは、「料理魔導」を覚え、戦闘もかろうじてこなせる。非戦闘時は、料理で仲間をサポートする(美味しい料理で、「食べるだけで回復、経験値が手に入る」などなど)

 役割 FTPでは、「単なる足手まとい」(まあ、料理の腕は、「人の心を救う」レベルにまでは成長するが…)。その後、実との別れを経て、「強くなる」必要を感じ、料理魔導を習う。FTTでは、結城(ゆうき)の率いるグループの一員となって、兄を取り戻すために戦う。しかし、途中で「狂って」しまい、兄を取り込んだまま、「クルエルアイ」と呼ばれる形態になり、結城たちと敵対することも。最終的には、実と結ばれるか、あるいは妹として実に寄り添い、幸せな一生を過ごす。

 今回、実験的に、「戦闘テーマ」も記載します。

 通常時戦闘テーマ:「パンドラの夢」より、「Endless Loop」
 「クルエルアイ」時戦闘テーマ:アイドルマスターSP03より、「 inferno 


 以上です。
 「料理魔導」については、また後日紹介します。

 上記のことから分かるように…私は、「パクリ」や、「オマージュ」が、大好きです。
 主人公の御門結城も、上に「千恵(ちえ)」、「下(すでに、これを書いている時点で、ネタバレしていますが…)」に、エリ「カ」という姉妹がいますからね。
 おそらく、これを書けば、「何が元ネタ」か、分かると思いますが…。
 分かった方は、ぜひ書き込んでください。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

「イマジン」の答え

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月21日(火)12時18分58秒
返信・引用
   螺旋虎さんから、「答え」のメールが届いていたので、「フェアリーテイル」における、「イマジン」の答えを述べます。

 結論から言うと…「そんな機関は、存在しない」です。
 中央部に、それらしいものを取り付けただけの、イミテーションでしかありません。
 実際、神の側は、「何も入っていない、空洞のイマジン」すら、見たことがあるのですから…。

 では、なぜ機体が動くのか。
 それは、「信念」です。
 人が、この機関が存在しているのだから、「動くに違いない」と感じ、そしてその心が…機体を動かすのです。

 ベタな答えで、申し訳ありません。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

佐藤実 キャラクター設定

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月21日(火)09時19分35秒
返信・引用 編集済
   ようやく、キャラクターシートを発見しました。
 なので、フェアリーテイルプレリュード(FTP)の主人公(の一人)、佐藤実について紹介しようと思います。

 佐藤実(さとうみのる)17歳(通称:魔弾の射手)登場時350CPキャタクター

 外見 少し茶色が混じった、今時風の?若者。あまり人を寄せ付けないような雰囲気で、「怖さ」を感じさせる。

 出生 教団の両親の元に生まれる。幼いころから、「暗殺者」としての訓練を受け、裏の世界では誰もが名前を知っている「魔弾の射手」と呼ばれるほどの存在となる。途中で横山チカと出会い、いっそう名声を高める(半分は、彼女の力…というくらいに、その功績は大きい)親とは不仲で、元々嫌っていたのであるが、決定的な事件(妹の咲を、無理やり他の男と結婚させようとする)が起きたため、その相手(今にも強姦しようとしていた)を殺し、両親を殺し、咲と二人で放浪の旅に出ることになる。教団の追っ手を退けつつも、ついに限界に達し、力尽きたところを楓(正確には、紅葉)に見つけられ、助けられる…ここから、物語が始まる。

 性格 妹の咲を溺愛し、彼女のためならば、自ら命をささげる。ちょっと人の心に鈍感で、「気づかない」事が多い。義理堅く、ケチなところがある(もちろん、咲に対しては例外)、非常に用心深い性格。

 欠点 悪夢、眠りが浅いことで、いつも睡眠不足ぎみ。そもそも、「暗殺者であった過去」そのものが、致命的な秘密である。

 台詞の抜粋 「ここは…地獄でないということは、天国なのだな」、「咲、さよなら」、「俺は…いったい、「誰」を選べばいい!」 」

 こだわり 繰り返すが、「妹」に対する、絶対的な愛。殺されても死なないというしぶとさ。

 技能 物を「召還する」力。2.5キロという制限こそあるものの、「あらゆるもの」が対象。銃、格闘ともに、「達人」としか言いようが無いほどの腕前。咲とは、「絆」があり、困ったときなどにはすぐに分かる。

 役割 FTPの主人公。物語の視点の一つとして、密接に物語に関与する。「ヒロイン」としては、楓(一応、第一候補)、咲(第二候補…隠しヒロイン?)、そしてチカ(ゲーム版が存在するならば、普通のヒロインとして登場するが…実際には、考えていない)の3人を対象とする。

 こんな感じです。
 やっぱり、簡単にキャラクターが作れる、GURPS、お勧めですよ~!
 (書いてあることの9割以上が、「シートに書いてある」ことですから)
 ぜひ、使ってみてください!

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

パンデモユニヴァース 復讐譚

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月20日(月)12時12分41秒
返信・引用 編集済
 


 最後に、「復讐譚」について、紹介します。
 当然、螺旋虎の作品で…これが、「フェアリーテイル」における、「機体」が出来たきっかけです。

 それでは、本文です。

少年は幸福だった。

両親を物心付く前に事故で同時に亡くした、という不幸を差し引いても。

何故なら彼は独りではなかったからだ。

祖父がいた。

小さな鉄工所を営む、寡黙で厳しくも、優しい祖父が。

友だちがいた。

祖父の拵えてくれた、ずっしりした鉄で出来たロボットの玩具が。

5歳の幼子は、確かに幸福だった。

そう、だった。過去形だ。

これより先、彼の人生は大きく不幸へ反転する。

たった一日だ。その間に全ては変わり果ててしまった。

いつものように出掛け、いつものように『友だち』と遊んでいたはずだった。

いつもとなにも違いは無かった。それなのに。

彼は重傷を負わされた。

ふざけて『友だち』を取り上げようとした、3人の不良高校生たちによって。

彼は精一杯の抵抗として、小石を投げたが、それは悪手だった。

幼子は、激昂した不良達によって、散々にいたぶられ、

『友だち』をバラバラにされてしまう。

それだけではない。

重傷を負い、昏々と眠る息子夫婦の忘れ形見と、砕け散った手製の玩具を見た祖父は、

怒りの余り、脳溢血を起こし、

そのまま帰らぬ人となってしまった。

彼が目覚めたとき、全ては終わっていた。

祖父はもういない。友達は残骸となって転がっている。

憎むべき相手は何処の誰かも分からず、行方も知れない。

知れたとしても、奪われた祖父は病死であり、『奴ら』は法による死の裁きの対象足り得ない。

仮に自分への傷害と器物破損による刑事罰が科されたとて、十年かそこらで釈放だ。
それが一体何になる?

唯ひとり、行き場の無い怒りと憎悪を抱えて、自分独りが遺された、

この理不尽を、ただ甘受するなど、不可能だ。

ならばどうする? どうすればいい?

祖父の葬式で、耳の孔に親類の話を素通ししながら、

少年は考え、そして。

20年余りが過ぎていた。

もはや少年ならざる男は、

祖父の残した鉄工所を継ぎ、表面上無愛想な零細企業の経営者を装いながら、

未だ怒りと憎悪の中にいた。

そして復讐を誓い、

3人組の行方を追いながら、復讐の牙を研いでいた。

否、復讐の鉄槌を磨きぬいていた。

そして、下らないニュースを垂れ流すテレビジョンで、彼は知る。

新進気鋭のデザイナーという触れ込みで、一人の中年男性の特集が、小さく取り上げられたのだ。

間違いない。

あのときの、一人だ。

ク。

クク。

クククククかかはははははははははははは。

「――見ィ付けたぁ」

復讐が、始まる。

20年。彼はひたすら憎んできた。

だが、 それだけではない。

彼が味わった苦痛。

圧倒的に巨大な相手から一方的に攻撃される恐怖。

拳という原始的極まる方法で刻まれた敗北と屈服の屈辱。

そしてなにより溜め込まれ、己の血肉となった怒りと憎悪。

それらを存分に『奴ら』に返す。叩き込む。

そのために鍛え上げた肉体がある。

そのために、祖父の鉄工所で、作り上げた『モノ』がある。

それは鉄塊。それは人形(ヒトガタ)。それは鉄槌。それは凶器にして狂気の具現。

『あの日』以来、子供の頃から毎日まいにち拾い集めたくず鉄と、

かつて砕かれた祖父の形見の玩具と、

稼いだ金で買い漁った鋼と、

なによりありったけの怨念を溶かして固め、作り上げた、

それは巨大な鎧だった。

内部に動作機構を備え、人力のみを以って駆動するそれは、

『奴ら』にかつての彼の痛みを無限に増幅して叩き返すためのもの。

バネ仕掛けの高速移動機構。決して逃がさぬために脚部に組み込んだ。

炸薬式のアームパンチ。例え何処に逃げ込んでも、隠れ家ごと砕けるように。

そして、そして、

全く何の役にも立たぬ、ただ鉄の顔(かんばせ)を嗤わせ、眼を光らせるために組み込
んだ頭部ギミックと発光用ガスバーナー。

そう、これは復讐の道具だ。

武器ではない。

防具でもない。

ただ、『奴ら』に思い知らせるためだけに。

故に、飛び道具は無い。彼が望むのは確実な殺害ではない。そんなものは前提でしか
ない。

故に、刀剣の類は無い。彼が望むのは撲られたことへの復讐であり、刺傷されたわけ
ではない。されてもいないことをヤるのは彼の復讐にとっては蛇足でしかない。

故に、哄笑のギミックは必要だった。己の暗い欲望を表現するために、どうしても。

故に、拳しかない。拳しか必要ではない。己が叩きつけるべきものは、かつてされた
ことと同じものだ。拳しか有り得ない。

復讐だ。復讐だ。復讐だ。

故に彼は気付かない。

そのようなギミックを搭載し、身長が2mに届かんばかりの大男となった彼を包み込
む、その人形が、

全高にして4メートルを越え、質量にしてトンをはるかに超過する鉄塊が、

如何に鍛え上げた肉体とて、とても人力などでは動くはずが無いことを。

彼は気付かない。

鋼の脚が、何故、疾風より迅(はや)く駆けるのか。バネはとうに切れているのに。 「なんだ、なんなんだよ、車なんだぞ、こっちは!」

鋼の拳が何故、大型車をも高く高く撥ね上げるのか。炸薬の補充もしていないのに。「畜生、この野郎、化物がぁ!」

そして何故、「嘘だ、うそだ、夢だろ、夢なんだろぉ!」

鋼の顔がひとりでに嗤い、       ――ぎち、ぎち、ぎちぎちぎちぎち…… 「何とか言えよ、この野郎! 何なんだ手前は、なんで俺を、なんでぇ!」

そして、声なき声で哭くのかを。    ――――――ッ!!!「くるなぁぁぁあぁぁあああ!!!!」

――聞かせて欲しい。

――何を。

――君にとって、『復讐』とは、何だ?

――人生か?正義か?それとも……

――そうだな。一言でいうなら。

  血も、肉も、骨も、臓物も。

  過去も、現在も、未来も。

  怒りも、殺意も、絶望も。

  悪意も、憎悪も、狂気も。

  追悼も、後悔も、涸れ果てた涙も。

  それらを含んだ、俺を織り成すすべてを賭けて、

  表現するに値する、

  そして、そうでもしなければ、

  とても表現し得ない、そんな類の。

  俺の、俺だけの、俺しか成し得ない、

     『芸術』、だ。

故に、「安心しろよ、そう簡単にはコロさねぇからよ」

鋼は、「だからさぁ、おまえよぅ」

『芸術』の表現のため、

「あと3回ぐらい、シネよ」

キョウキし、砕く。

 以上です。
 「イマジン」…なんとなく、予想できたでしょうか?
 ちなみに…「行間」は、限界を超えてしまったため、「そのままではない」ことを、お詫びいたします。 

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

パンデモユニヴァース 仮題・『液漏れロドリゲス』

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月20日(月)12時07分41秒
返信・引用 編集済
 

 続けて、彼の「最初の作品」、仮題・『液漏れロドリゲス』について、述べさせていただきます。
 さまざまな部分を隠してありますので、もし興味を持った方は、彼に直接(あるいは、ここにコメントして、でもかまいません)、コンタクトを取ってください。
 この作品から、ロドリゲス、そしてアシダカは生まれました。

 それでは本文です。

――果たして、一体、何が違った。

邪神よ。

我輩や同胞と、貴様は余りに同じで、余りに違う。

我輩達と貴様は、共に異形であった。

そして、我輩と貴様に限っては、

同じ力を振るうものだ。

だが、貴様が喰うものなら、

我輩達は喰われるもの。

貴様が畏怖されながらも求められ、必要とされたものなら、

我輩達はただ恐怖され、蔑まれ、不要とされたもの。

貴様に分かるか、永きに渡り、虐殺の憂き目に遭ってきた我が同胞の想いが。

鉄槌で。毒で。時には貴様の牙にかかって。

時に踏みにじられ、時に茹で殺され。

ありとあらゆる手段で。ありとあらゆる場所で。

悼まれることも無く、ただの虫けらとして死んでいった同胞達。

それでも、我等は耐えるほか無かった。

何故なら、『彼ら』は虐殺者にして、庇護者であったからだ。

『彼ら』なくして、我らの未来はあらぬからだ。

我輩はそこを正したかった。

故に行動したのだ。

同胞が徒に死を強いられることもなく、

『彼ら』が我らを憎むことも無い、

そんな未来のために。



そして、

その未来は、あと少しのところにあるのだ。

それなのに、

貴様はそれを壊すのか。

『彼ら』に愛されなかった我らが、『彼ら』を愛することを選んだのに。

『彼ら』に必要とされた貴様が、『彼ら』を殺し、喰らうのか。

それが、貴様の選択なのか――



 





『……時間であります。各員、予定通り待機中。……何事か、気掛かりでも? 同
志・ロドリゲス』





「――詮無きことよ。気にするな。……さて、征こうか。我輩たちの、最後の戦い
だ」



 





「……諸君! 我が精鋭、同胞にして誇りよ!」





無言。





「我らが敵、邪神・サージャントは、現在、民間居住区を文字通り『食い潰し』なが
ら侵攻中である!」





無言。無言。





「我らは人類軍と協力、これを滅殺せんとするものである! せねばならぬ! 断じ
て!」





無言。無言。無言。――否、無言ではない。口が利けぬだけだ。





「何故ならばァ! その先には希望があるからであるッ! 分かるか諸君!」





何も感じていないはずは無い。





「先の我らの活躍により、人類は我らに対する認識を改めつつあるッ!





 忌むべき虫けらではなく、尊重に値する戦士としてだ! この戦い如何では、その
認識は、扱いは、大きくプラスに転ずることであろう!」





その証拠に、





「だからこそッ、我らはここで死を恐れてはならない! その骸をもって、子々孫々
に道を示し、残さねばならん!」





無言ではあれど、無音ではない。





「死を恐れるものはいるか! ならば聞け! 確かにッ、我らに勝機なし!」





地鳴りのような音がする。身体は小さくとも、確かにここに存在すると、生命たちが
訴えている。





「だが勝機はなくとも! 希望はある! ならば希望のみを思え! 足りぬ勝機な
ど、我輩がでっちあげてくれるわァ!」




心を一つに、憎しみから脱却し、愛に目覚めた戦士たちが吼えている。

「何より牢記せよ、自らが何者かを! 諸君らは、いや我らは!」

生命だ。いのちだ。誰に恥じることも無い、愛し、愛されることが出来る、生命だ
と。

「我らこそは、同胞の希望! 死をも恐れぬ『参萬隊』(サーティサウザンズ)!」

俺たちは負けないと。いくら相手が強くとも。大きくとも。

「一寸の虫の、五分の魂! 見せ付けてやるのでああアァァァるッ! いざッ、吶
喊!」

愛も知らぬ、喰うだけの邪神なんぞに遅れは取らぬと。

 以上です。
 ちなみに、2月21日に加筆しますが…この物語、『死に損なってゴキブリに転生したズッコケ魔術師(見習い)』が、主人公なのです。
 なので、天敵であるアシダカグモが、「敵役」ということで。
 螺旋虎さん、ご指摘ありがとうございます。

 この「世界」を、一人でも多くの人に、知ってもらいたいです。
 そして、すぐにこうして「問題点」を見つけられる慧眼にも、感謝を。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

パンデモユニヴァース 最初に

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月20日(月)12時02分7秒
返信・引用 編集済
 

 続けて、螺旋虎さんの世界、「パンデモユニヴァース」について、説明します。
 基礎概念は、「ありとあらゆる「軸」を持つ、多元世界」というものです。
 その中の一つが…もしかしたら、「フェアリーテイル」なのかもしれません。

 それでは、本文です。

――多元世界。



そうだな、なんというべきか。



軸、みたいなもの、でいいか。誤謬を多大に含むが、まだしも分かりやすかろう。



たとえば、君。君は今、『物理法則』の世界で生きているだろう?



そこに『魔術理論』というベクトルはあるまい。



しかし、多元世界には、その両方を併せ持つ世界があるのだよ。



逆に、『物理法則』というものすらない世界すらある。



これが『軸』、世界を貫く法則のベクトルを、私はさしあたりそう呼ぶわけだ。



そして、一つの世界に、軸がいくつ通りうるのか、或いはその数が0でも世界は成り
立つか。



その限界許容量というのも、研究課題の一つというわけだ。



そんな世界は無数にある。



そのベクトルも、無限の数を誇る。



想いが物理現象に干渉したり、しなかったり。



人が存在したり、しなかったり、



そう、――神も、存在したり、しなかったり、ね。



ああ、神、神だよ君。神とは何だ。答えられるかね?



出来まい? 出来まいよ。私にすら分からんのだ。



ただ、――邪神、ならばわかる。



無数の『軸』の具現。ある程度極まった軸の先の点のひとつ。



アレは『力』だ。好き勝手に蠢き回る『意思』だ。



世界を渡り、世界を壊す力だ。



意図せずとも、人里に迷い込んだ巨人のように迷惑な存在だ。



欲し、行動する意思だ。



故に場合によっては懐柔も可能だ。怒らせてひねり潰されても知らんがね。



そして、『力』も『意思』もベクトルだ。



ゆえに邪神は『軸』たりうる。



新たな世界を創造し、そのこじんまりした世界で絶対者を気取る輩は実に多い。



……すまない、この辺でいいかね? 喋りすぎてのどが渇いてしまったんだ。



何せ世界を語るんだ。いくら語っても言葉は尽きん。



また何か、知りたいことが有ったら来るといい。



ご覧の通り、私はここから動けそうもないのでね。



そのときはなにか、土産に飲み物を頼むよ。



ああ、しかしのどが渇いた。



なあ君。なにかもってないかね?



真水でも、



酒でも、



水菓子(ジュース)でも、



醤油でも、



ソースでも、



屎尿でも、



生き血でも、



髄液でも、



なんだっていいんだ。



なにかあるだろう? 何か寄越せよ。



……さあ。



…………

 以上です。

 これは、『磔の彼』と呼ばれる作品です。
 この作品が、彼の世界の「基礎」になっています。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

「機体」について

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月20日(月)11時57分51秒
返信・引用 編集済
   螺旋虎さんの許可が出たので、まずは「機体」について、説明します。

 この世界では、「機体」と呼ばれる、二足歩行の兵器が存在します。
 これこそが、「教団」が、これだけ勢力を拡大した、最大の理由の一つです。
 それほどまでに、この兵器は、画期的なものでした。

 まだ、「邪神殺しの章」(FTP)では、いわゆる「着る」ものでしかない(セイント星矢の「クロス」です)のですが…その後、急速に発展し、「神殺しの章」(FTT)では、もはや「兵器といえば、これを指す」ほどに広がっています。
 戦車に比べると、若干装甲などに弱点はあるものの、コストの安さ、機動性の高さなど、さまざまなメリットがあるためです。
 FTTの状態では、教団がもっとも技術が進んでおり、冬花広正はようやく「実用レベル」に追いついたところ、そして「神」の側は、まだ開発ができていないという状態です。

 なぜ、開発が難しいのか…それは、「コア」にあります。
 この、「イマジン」と呼ばれる機関…これが無い機体は、単なる「彫像」にしか過ぎないのです。
 これを搭載することで、初めて「動く」ことが可能となるのです。
 いえ、これが搭載されている機体を、神の側が奪取したこともあるのですが…なぜか、動かなかったのです…。

 この「イマジン」を開発したのが…左田中 練自 (サタナカ レンジ)という人物です。
 彼がいなかったら…おそらく、この世界に、機体は存在しなかったでしょう。

 彼については、「螺旋虎さんの作品」を、見てください。
 そこに、答えがそのまま、載っていますから…。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

追記

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月19日(日)22時19分32秒
返信・引用
   これだけは、忘れないように、書いておきます。

 神の行ったことの一つに…「温度を上げ、極地の氷を溶かし、ありとあらゆるものを飲み込んだ」ことを。
 そして、FTAで、最後の最後に、「神は…おそらく、いや、確実に見間違えだろうが、俺の目には「笑って」いたように見えた」ということを。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

横山チカ キャラクター紹介

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月19日(日)18時17分8秒
返信・引用 編集済
   今回は、ある意味一番のメインキャラ(というか、主人公?)である、横山チカを紹介します。
 ちょっと資料をなくしてしまったため、もしかしたら後日、訂正するかもしれませんが…ご了承ください。

 横山チカ(よこやまちか)17歳(通称:フェアリー)登場時350CPキャタクター

 外見 アルビノの、はかなげな美人。体は弱そうで、誰もが守ってあげなくては…と思わせる雰囲気を持っている。ほとんど声を発することは無いが、声も綺麗と、中身の「残念」ぶりは全く想像できない。足が不自由なため、常に車椅子に乗っている。また、彼女の「フェアリー」と呼ばれるプログラム(妖精の形をしており、見た目には「存在しているとしか思えない」クオリティー)が、常にそばに存在している。 残念ながら、常にゴーグル(どんなに最低でも、「めがね」)を外さないため、「素顔」を知る者は、ごく限られている。

 出生 教団で生まれ(人工子宮「マザー」を使用して生まれた、クローン)、そのまま教団の「最高指導者の一人」として育つ。通称「巫女」。その後、実と知り合い、「外の世界」に興味を抱く。結果として、教団から離脱することになるが、その際に銃弾を受け、下半身不随に。現在では、家に引きこもり、外に出ることはほとんど(全く?)無い。実、およびカイムがいなかったら、おそらくすでに他界している。


 性格 好奇心旺盛、がんばりすぎ、常にネットに接続していないと、生きていけない。重度のオタク(特に、18禁ゲームが大好き)、人をからかうのが大好き…などなど。

 欠点 ありすぎ。歩けないこと、外に出るとそれだけで消耗してしまうことなど、書ききれないほどの弱点を抱えていて、「一人では絶対に生きていけない」。 そして、「痛みを全く感じることができない」こと。

 台詞の抜粋 「カイム、とりあえず、オムツを替えて~!」、「あはは…「残念美人」、いいネーミングね」、「広正が駄目だったのは、「人に頼らなかったから」なのよ」

 こだわり 「人類」が生きるためならば、どんな手段でも、そしてどんなアイデアでも考えるという信念。好きなことには、全てをささげる情熱。

 技能 天才としか言いようの無い頭脳。コンピュータにおいては、広正をぶっちぎるほどの力(ハッキングは、文字通り「神」)、なぜならば、「コンピュータの中に入ることができる」から。また、医学、工学など、さまざまな分野において幅広い知識を誇り、また発明家としては、もはや漫画でも、こんなキャラはいないというレベル。まさに、「人類最後の希望」と呼べるような存在。

 役割 主人公たち、そして広正を、あらゆる形でサポートし、「神に勝つ」ためには欠かせない存在となる。最終的には、広正と結ばれ、後世では「グランドマザー」と呼ばれ、知らない人はいないほどの存在になる。「人として生きる」ことを選び、最後には誰もが惜しむ中、命を引き取る。

 このあたりが、「公開できる情報」です。
 今回、あえて伏字は、一切使いませんでした。
 (書ききれないことがいっぱいで…彼女を紹介するために、この世界ができたといっても、過言ではありません。自分の「萌え」要素を、全て注ぎ込みました)
 資料である、キャラクターシートが、早く見つかればいいのですが…。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

鮮血のコミケット

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月18日(土)20時34分39秒
返信・引用
   最後に、鮮血のコミケットについて、紹介します。
 元ネタは…ガンダムシードの、「血のバレンタイン」です。

 FTPの後に、どんどん「神」の圧力は、強まっていきました。
 そして、それに抵抗する「教団」との戦いも、激しさを増す一方。
 そして、ついに「神」が行った作戦が…この、「鮮血のコミケット」です。

 コミケットという、「表現の自由」が存在する場所、そしてそここそが、「教団」の力の源であるという考え方のもと、アシダカ率いる自衛隊(実際は、「アメリカ軍」なども含まれます)が、一気にコミケットの会場へとなだれ込み、ありとあらゆるものを破壊しました。
 その暴挙に立ち向かったものは…ことごとく、皆殺し。
 最後まで抵抗を続けていたロディも、壮絶な戦いの末、命を落とすことになってしまいました。

 結果として…「神の勝利」といえる状況が発生し、この場所でのコミケットは、二度と開催されることはありませんでした。

 こんな感じです。
 もし、不快感を感じた方がいましたら…ご容赦ください。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

アシダカ キャタクター設定

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月18日(土)17時09分46秒
返信・引用 編集済
   我慢できなくなり、こちらも公開します。
 螺旋虎さん、もし「違う」というのであれば(それは、ロディにもいえますが…)、ご指摘ください。

 アシダカ(本名不明)

 外見 敬遠なキリスト教の神父。歳は若く、確実にロディよりも下であり、かつ美形。とっても理知的な容貌。

 出生 「神」の忠実なしもべとして、幼いころから教育を受けた「天才」。ただ一度の敗北が、ロディによるもの。それ以後、ロディを殺すことに、全力を注いでいる。

 性格 プライドが高い。そして、キリスト教を深く愛しており、それ以外の思想を認めようとしない。また、他人を罠にはめて、苦しませながらいたぶり殺すのが、大好き。

 欠点 他人の意見を、全く聞かない(聞く振りはする)。洒落にならないほどのサディスト。

 台詞の抜粋 「認めるな、こんな「腐った」祭りを」、「一人残らず、殺しつくせ」、「ようやく…ようやく、あのときの復讐ができる…」

 こだわり 「神」の忠実なしもべであること。思想信条の自由というものに対する、徹底的な敵意。

 技能 格闘から射撃まで、あらゆる用途に使える「十字架」が武器。それを使った戦闘術。「罠」をしかけ、相手を無力化するのが得意。

 役割 FTPと、FTTの間にあった事件、「鮮血のコミケット」の実行犯。自衛隊を率いて、多くの人を殺し、本を焼き尽くし、会場を破壊した。最後には、ロディを殺して、最高の気分で教会に戻る。最終的には、良との壮絶な戦い(思考戦)の末に、「惨め」としか言いようが無い最期を遂げる。

 (2月21日追記 戦闘テーマ:「LOST CHILD」より、「Rapid Fire」)

 こんな感じです。
 「鮮血のコミケット」については、また紹介します。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

ロドリゲス キャタクター設定

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月18日(土)16時55分12秒
返信・引用 編集済
 

 螺旋虎さんへの感謝もこめて、このキャタクターを紹介します。
 主人公である、「実(みのる)」は…資料をなくしてしまったので、もう少しだけお待ちください。

 ロドリゲス(愛称:ロディ)…本名は、鈴木甘三


 外見 お世辞にも、「かっこいい」とはいえない。30歳を超えているのは確実で、どこと無く「しょぼい」感じを与えるが、人によってはむしろ共感するかも。典型的な「オタク」。その風貌(および、後述の「しぶとさ」)から、「ゴキブリ」というニックネームで呼ばれることもある。

 出生 元、「神」の側の一員。ただ、思想信条に反することがあり、神の側を離脱。その後、教団に入信し、現在では悪の組織「教団」の、幹部「アデプト」の一人。


 性格 オタク。かっこつけたがり。一人称は『我輩』、口癖は『~である』。

 欠点 力を渇望していること、そして何より、「オタク」としての愛が強すぎること。

 台詞の抜粋 「――詮無きことよ。気にするな。……さて、征こうか。我輩たちの、最後の戦いだ」、「何故ならばァ! その先には希望があるからであるッ! 分かるか諸君!」、「死を恐れるものはいるか! ならば聞け! 確かにッ、我らに勝機なし!」、「だが勝機はなくとも! 希望はある! ならば希望のみを思え! 足りぬ勝機など、我輩がでっちあげてくれるわァ!」

 こだわり オタクであることへの、絶大な「自信」、絶対に死なないこと、思想信条を強制するものへの激しい怒り。

 技能 格闘から射撃まで、あらゆる用途に使える「逆十字架」が武器。それを使った戦闘術。絶望的な状況からも生き残るしぶとさ。

 役割 FTPと、FTTの間にあった事件、「鮮血のコミケット」で犠牲となったものの一人。一人でも多くのオタクを逃がすため、本を守るため、コミケットという場所を守るために、 アシダカ率いる「軍」との壮絶な戦いの末、全身から体液を流して壮絶な討ち死にをする。

 (2月21日追記 戦闘テーマ:「マリグナントバリエーション」における、「ヤサイガン」の戦闘テーマ「魔人見参」)

 こんな感じです。
 アシダカ、そして鮮血のコミケットについては、また機会があったら、ぜひ紹介したいと思います。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

螺旋虎さんへ

 投稿者:markメール  投稿日:2012年 2月18日(土)16時34分44秒
返信・引用
  > No.10[元記事へ]

螺旋虎さんへのお返事です。

 螺旋虎さん、初めてのコメント、ありがとうございます。
 本当に、嬉しいです~!

 こうして、「見てくれている」人がいるというのは…本当に、心強いです。
 これからも、お願いします。
 ちょっとやりたいことがありますので、短い返信で、申し訳ありません。

http://mark.cocolog-tnc.com/

 

レンタル掲示板
/2