【重要】teacup. byGMOのサービス終了について


  • [0]
  • 独特の占星術テクニックについて

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2011年 8月 1日(月)18時48分33秒
 
ここはティル氏の占星術で使用される独特のテクニックについて情報交換するスレッドです。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL

  • [3]
  • Re:Re:ミッド・ポイントについて

  • 投稿者:新宿区のみやま
  • 投稿日:2011年 9月 3日(土)14時53分58秒
  • 返信
 
石塚隆一 様

新宿区のみやまです。回答下さり、感謝致します。

ティル自身も"Solar Arcs"巻末で10天体、ノード軸、Asc、MCの
全組み合わせ(78通り)リストを作成していますね。

全78ポイントのうち、太陽/月及びAsc/MCの2つくらいは、
自身のチャートで90°中、どこにあるのか、知っておいた方が
なにかと得するように思います。


  • [2]
  • Re:ミッドポイントについて

  • 投稿者:石塚
  • 投稿日:2011年 8月30日(火)22時27分28秒
  • 返信
 
みやまさん、ご質問ありがとうございます。

>①ティル氏は今回の来日講座のような、単発的なものでなく、占星術の
基礎講座のようなものも、日ごろはなさっているのか。

ノエルティル氏は個人指導の通信講座「マスター認定コース」を中心に教えられて
います。その中では一つ一つの意味について順番に説明することはなく(著書の解
説をテキストに使用していますが)、課題に取り組むことを通して解釈にどう応用
していくか、ヒントをくださいます。課題の中にはミッドポイントリストのみから
人物像のイメージを作るというものもあります。それは、「Synthesis and Counseling
In Astrology」の中のミッドポイントの説明でも同様なアプローチをしています。


>②もしなさっているのなら、そこでミッド・ポイントを取り上げ、どの
ように生徒たちに伝授しているのか(たとえば天体の性質を取り上げる
時点で、説明するのか、等)。

また、毎年受講生向けに集中セミナーを行っていますが、その中では
ミッドポイントの説明はドン・マクブルーム氏に任せることが多いよう
です。ドン・マクブルーム氏のシステマチックな説明は本にもなっており
解りやすく応用もしやすいので、ぜひ、読んでみてくださいね。確か
そのものずばり「Midpoints」というタイトルだったと思います。

  • [1]
  • ミッド・ポイントについて

  • 投稿者:新宿区のみやま
  • 投稿日:2011年 8月27日(土)07時54分7秒
  • 返信
 
新宿区のみやまです。また質問させていただきます。

石塚隆一さんが8月21日「足あと帳」のなかで、ミッド・ポイントを
「高度なテクニック」と仰っていますが、かのロバート・ハンドなどは
’81年(今から30年前です!)の著書、"Horoscope Symbols"で、
ミッド・ポイントは占星術において、「応用知識」レヴェルにとどまって
いるべきでない、つまり占星術の基礎知識を習得する段階で、占星術の
先生達が教授すべきものである事を述べています(当時はそれを教える
技術を有する占星術家じたいが少なかった)。

そしてノエル・ティル氏は数々の著書のなかで、ミッド・ポイントを
ふつうに使用なさっており、すべての天体のコンビネーションをいちいち
覚える必要はないとし、要点の押さえ方も述べています。

で質問なのですが、

①ティル氏は今回の来日講座のような、単発的なものでなく、占星術の
基礎講座のようなものも、日ごろはなさっているのか。
②もしなさっているのなら、そこでミッド・ポイントを取り上げ、どの
ように生徒たちに伝授しているのか(たとえば天体の性質を取り上げる
時点で、説明するのか、等)。

以上をおうかがいします。またまたお手数になりますが、よろしく
お願い致します。


レンタル掲示板